投稿日:

appfog に PHP + MySQL 環境を作る

appfog-logo

appfog」は、とても手軽で簡単な PaaS 環境で、私は最近実験的なプロジェクトや、WordPress の開発環境として利用させて頂いています。今回は、appfog に、プレーンな PHP + MySQL 環境を構築してみましたので、手順を簡単にご紹介いたします。「appfog 簡単そう!」って思ってもらえると幸いです。

セットアップ

アプリケーションの作成(Webサーバー)

まず、ダッシュボードから、Create App に入り、PHP 環境を選択します。

 

次に、インフラを選択します。個人的には AWS US  East か HP がお気に入りです(理由は URL が短いからですw)。サブドメインも入力して、[Create App] します。

これだけ httpd 環境が出来るのですから、素晴らしいですね!
処理完了後、上の図の例では、http://c5.aws.af.cm にアクセスすると、既にHello World が表示されます。

サービスの作成(MySQL)

次に MySQL をセットアップします。

アプリの管理画面の Services のセクションを開きます。
画面下の方、Provision Service のセクションから、MySQL を選び、DB 名を入力してから、[Create] します。

これだけで、アプリケーションから利用できる MySQL のセットアップが完了です。

DBへの接続情報を取得するには

さて、PHP から MySQL へ接続情報はどのように入手できるでしょうか?

appfog の場合、DB 接続の為のホストや、ユーザー名、パスワードといった情報は、VCAP_SERVICES という環境変数より JSON で取得できます。appfog のドキュメントだと、次ページに関連の記述があります。

http://docs.appfog.com/services/overview

この環境変数を取得し、JSON をパースして DB アクセス情報を取得する PHP スクリプトは以下のようになります。

 

以上、ということで、簡単ですねー! DB接続情報の取得は少々面倒に思われるかも知れませんが、全体を通してとてもシンプルで扱い易い PaaS 環境です。無料の基本利用枠があり、トラフィックさえ少ない感じなら5サイトぐらいは運用できそうです。環境を作ったり削除したりも Web の管理画面から簡単に出来たり、これまで使った PaaS の中では一番気に入っています。

ちなみに、好きなものを好きと言ってるだけです。ステマじゃありませんのであしからず♪

 

投稿日:

MacOSX Lion に Homebrew で MySQL をインストールのメモ


簡単にインストールできたんですが、少し手間取ったところもあり、メモを残しておきます。

まずはとりあえず、MySql を brew でインストールします。

上手く行きました。

でも次にどうしたら良いか分からなかったので、検索しまして、こちらを参考に進めました。

このあと、mysql_secure_installation するのですが、パスワードを求められます。

ところがこれが、何を入れても、上手くいかない。ここでしばしハマりました。

アレコレ試した結果、先に mysql.server start して、mysql_secure_installation で上手くいきました。エラーメッセージに /tmp/mysql.sock に接続できないなど、出て来ていたが、そういうことなのか?(どういうこと?)と中途半端な納得で、ここはまあOKとさせて頂きました。

手順まとめ

いちおう手順をまとめておきます。

なお、UTF8 にするには、/etc/my.cnf に設定を置かないと、という情報もありましたが、何もしなくても以下の通り大丈夫みたいだったので、何か問題が出てくるまで、上の手順までとしておきます。

起動スクリプトの設定

OS起動時に mysql が自動で起動するように設定します。mysql のバージョンは合わせてください。
もし、~/Library/LaunchAgents が無い場合は、先に作ってから実行します。

コピーした plist を変更します。

デフォルトでは mysql が落ちると再起動しようとし続ける設定らしいので、落ちた時の自動再起動を off にします。
plist をエディタで開いて <key>KeepAlive</key> の次の行にある 値を、以下のように「<false/>」に変更します。

設定を読み込んで完了です。