投稿日:

とりあえず使う git コマンド


バージョン管理システムを使った事の無い方へ「とりあえず使ってみて」と git を勧めたい時、最初に覚えてもらいたいコマンドだけ集めてみました。

  • バージョン管理はソースコードをディレクトリごと丸ごとコピー
  • 何か変更して戻りたい時、ひたすら ctrl+Z(command+Z)
  • ファイルを複製して末尾に .bk20120307 とか

↑みたいな感じの方に、とりあえず「ぉ、これ便利じゃん」って思えるぐらいのものです。リモートとか、細かな説明とか、ショートカットとか抜きです。

 

git init
初期化。git で管理したいディレクトリで実行。.git ディレクトリが作成される

git add .
ワークツリー内のファイルを追加する

git add -u
ワークツリーの管理下のファイルの更新を記録する。削除されたファイルも反映される

git rm <fileName>
ワークツリー内のファイルを 削除する

git commit
リポジトリにインデックスの内容をコミットする。
ログファイルが開くので、次の情報を書いて保存(:wq)する
—-
コミット内容の要約¶

変更理由などの説明…¶
—-

git commit –amend
一つ前のコミットに上書きする。

git reset –hard HEAD
最新のコミットの状態まで戻る。

git reset –hard HEAD^
一つ前のコミットの状態まで戻る。

git branch <branchName>
新しいブランチを作る。

git checkout <branchName>
ブランチを切り替える。

git branch -d <branchName>
ブランチを削除する。

git branch
ブランチの一覧を見る。

git merge <branchName>
現在のブランチに、別のブランチをマージする
⇒編集ファイルが重複しているとき、手動で解決する必要がある

git rebase <branchName>
現在のブランチに、オリジナルブランチの変更を取り込む
⇒編集ファイルが重複しているとき、手動で解決する必要がある

gitk
GUIを起動する。ログとかの閲覧はこれが一番便利。

git diff –color
index に反映されていない変更を表示する。
git add されていない変更を表示できるので、最後の add から変更した箇所を見れる。

git status
git commit した時の更新内容を確認です。

  • 変更は、インデックスに入れてから、コミットする
    1. git add でインデックスに入れる
    2. git commit でリポジトリに入る
  • 逆に言うと、リポジトリに入れたくない変更はインデックスに入れない

発展

もうちょっと詳しく、あともう少しーは、以下など参考になります。

 

 

投稿日:

phpfog に git で接続する

eyecatch-phpfog

phpfog に git で接続します。…というかこれが出来ないと、phpfog では何も出来ないっぽいですから誰しもがやるし、それにぜんぜん難しくも無いことですが、例によってやっぱりちょっとつまづいたので、以下、メモを残しておきます。環境は MacOS X Lion です。

Public key の作成とコピー

まずは、ssh 接続の為の公開鍵の作成です。

phpfog の ssh key 登録画面にある、「Learn how to create a key>」の先の説明書の手順を参考にしつつ、以下のコマンドで作成しました。

ここで、ssh-keygen に -C オプションで phpfog に登録しているメールアドレスを指定しています。
また、key のファイル名はデフォルトで僕は OK なので、そのまま [enter] しました。

これで、id_rsa および id_rsa.pub のキーファイルが作成されました。

次に、公開鍵の id_rsa.pub を次のコマンドでクリップボードにコピーします。

これでクリップボードにコピーされます。

余談ですが、実は最初、vim で開いて範囲選択してコピーしてたのですが、その後の行程が何だか上手くいかず、選択が悪かったのかも知れませんが、とりあえず上記の方法は確実で、安心です。

phpfog へのキーの登録

さて、phpfog への公開鍵の登録です。

phpfog の管理画面で MY ACCOUNT > SSH Keys にアクセスします。

Nickname は誰のどんな接続用のキーか分かるようなラベルです。適当で OK です。

Public Key は上で作成してコピーした内容です。そのままペーストしてください。

最後に [Save SSH Key] で登録完了です。

成功したら、以下のような画面になると思います。

git で接続する

phpfog 上のアプリケーションをローカルに clone します。
プロジェクトディレクトを作成するロケーションまで cd して、以下のコマンド実行です。

ここで、git@git01…. の文字列は、php fog のアプリケーションコンソールの右上に表示される文字列です。

以上で、無事 clone できました。