投稿日:

MAMP でバーチャルホスト


MacOSX Lion + MAMP 2.0.5 でのバーチャルホストの設定メモです。

1)MAMP 上のポート変更(任意)

MAMP のデフォルトのポートは 8888 ですが、いろいろ面倒なので 80 に変更します(好みですので、別に、やらなくても良いです)。

MAMP の管理パネルを開いて [環境設定] > [ポート] 内の Apache ポートを 80 に変更します。

以下、この前提でのお話です。
ポートを変更されない場合は、適宜読み替えてください。

なお、ついでに、MacOS の [システム環境設定] > [共有] の「Web 共有」が OFF になっていることを確認しておきます。もし ON になってたら、OFF にしておいてください(80番ポートが競合するため)。

2)バーチャルホストの設定

ターミナルを起動して、mamp の中の httpd.conf を編集します。

httpd.conf の末尾に、以下の記述を末尾に追加します。

ディレクトリのパスや、サーバー名は個々の環境に合わせて設定します。

ここでは、/Users/yuka2py/Projects 以下に複数のバーチャルホストのディレクトリを配置する前提で、local.foreignkey.jp のドキュメントルートを /Users/yuka2py/Projects/foreignkey/public としています。

3)hosts ファイルの編集

local.foreignkey.jp のドメインでアクセスできるように、hosts ファイルにエントリを追加します。
root パスワードを聞かれるので、入力します。

末尾に以下の記述を追加します。

以上で、http://local.foreignkey.jp で /Users/yuka2py/projects/foreignkey/public にアクセスできるようになります。

 

 

 

投稿日:

phpfog に git で接続する

eyecatch-phpfog

phpfog に git で接続します。…というかこれが出来ないと、phpfog では何も出来ないっぽいですから誰しもがやるし、それにぜんぜん難しくも無いことですが、例によってやっぱりちょっとつまづいたので、以下、メモを残しておきます。環境は MacOS X Lion です。

Public key の作成とコピー

まずは、ssh 接続の為の公開鍵の作成です。

phpfog の ssh key 登録画面にある、「Learn how to create a key>」の先の説明書の手順を参考にしつつ、以下のコマンドで作成しました。

ここで、ssh-keygen に -C オプションで phpfog に登録しているメールアドレスを指定しています。
また、key のファイル名はデフォルトで僕は OK なので、そのまま [enter] しました。

これで、id_rsa および id_rsa.pub のキーファイルが作成されました。

次に、公開鍵の id_rsa.pub を次のコマンドでクリップボードにコピーします。

これでクリップボードにコピーされます。

余談ですが、実は最初、vim で開いて範囲選択してコピーしてたのですが、その後の行程が何だか上手くいかず、選択が悪かったのかも知れませんが、とりあえず上記の方法は確実で、安心です。

phpfog へのキーの登録

さて、phpfog への公開鍵の登録です。

phpfog の管理画面で MY ACCOUNT > SSH Keys にアクセスします。

Nickname は誰のどんな接続用のキーか分かるようなラベルです。適当で OK です。

Public Key は上で作成してコピーした内容です。そのままペーストしてください。

最後に [Save SSH Key] で登録完了です。

成功したら、以下のような画面になると思います。

git で接続する

phpfog 上のアプリケーションをローカルに clone します。
プロジェクトディレクトを作成するロケーションまで cd して、以下のコマンド実行です。

ここで、git@git01…. の文字列は、php fog のアプリケーションコンソールの右上に表示される文字列です。

以上で、無事 clone できました。