投稿日:

PHP Fog の WordPress の日本語化

eyecatch-phpfog

WordPress の検証には PHP Fog さんのサービスを利用させて頂いています。簡単に扱えて、WordPress セットアップもボタンを押すだけの2ステップ程度。かつ「無料」です。ボタン一つでサイトを破棄して、そしてまた簡単に新しくサイトを作ることも出来ます。検証用にはうってつけです。

その PHP Fog でセットアップした WordPress ですが、困った事に英語環境になっています。しばらくは気にせず使っていましたが、勉強会などのスライドに載せるスクリーンキャプチャが英語版の画面なのは、なんと無く切ない…。そこで、日本語化をやってみました。

手順は、Gitを使っている方だったら、非常に簡単で、以下の通りです。環境は WordPress 3.4.1です。

§

1. PHP Fog の App Console から、Git で clone する URL を拾ってくる。↓写真の赤枠のところです。

2. ローカルのファイルを置きたい場所に移動して、git clone でローカルにリポジトリを作ります。

3. ローカルリポジトリのディレクトリがアプリケーション名で作成されるので、その中に移動します。移動した先がそのままアプリケーションのルートディレクトリで、また WordPress のファイルも配置されています。

4. wp-config.php を開いて、WPLANG の定数定義を ja に変更します。

5. 次に、日本語のリソースファイルをダウンロードします。wp-content の中に languages フォルダを作成して、その中へ移動します。

6. WordPress の日本語リソースファイルを、WordPress の ja リポジトリから落としてきます。ちなみに、私が確認したときは、3.4.x 用のリソースが見当たらなかったので、とりあえず 3.3 用を使いました。

7. アプリケーションのルートディレクトリに上って、ファイルの追加と変更を Git にコミットし、最後に push します。

以上のような流れです。ネット上で「上手く出来ない」的な記事も見られますが、とりあえず私は問題無かったですね。いくつかの参照URLでは、落としてくる日本語リソースのファイルが違ってたりしているので、そのせいかも知れません。私はとりあえず、あったものをみんなダウンロードして入れました。

コメントを残す