投稿日:

WordCamp Kobe 2013 に参加して改めて思ったこと。


wckobe2013banner_250x2502013 年 6 月 15 日開催の WordPress のビッグイベント「WordCamp Kobe 2013」に参加しました! そのレポート?…というよりは、色々と思ったことを書かせて頂きます。

まずはお詫びから。今回、実は運営スタッフとしても参加させて頂く予定でしたが、結果的にほとんどお手伝いが出来ないままに本番当日を迎えてしまいました。運営の皆さんも皆さん本当に忙しい中、時間を割いて準備にあたってらっしゃったのに、その点については本当に申し訳なく思っています。特に良い訳はありません。今後改めてのそういった機会、あるいはコミュニティーへのなにがしかの貢献という形で、返済していくつもりです。

さて、2012 年開催の「WordCamp Osaka 2012」に引き続き、今回も1セッションお話させて頂ける機会をいただけました。本当にありがとうございます。

発表させていただいた内容をまとめたスライドは次のものになります。

正直なところ、今回の発表の内容には大変苦慮しました (^_^;A

タイムテーブルこそ「エンジニア向け」となっていましたが、セッション紹介文では「開発者だけでなく、デザイナーやディレクターさんにも聞いてもらえる内容」としてしまったのが難しかったです。幅広い層の皆さんに有益と思える内容をまとめるのは、僕には難易度が高かった (; ^ω^)。色々と考える中で、技術的な内容としては少し浅めのものになってしまいました。ただ、それでも、それぞれの立場の皆さんに、何か持って帰ってもらえるようにと、必死になって内容を考えました。結果として、WordPress の基本理解を深める内容とともに、その意義について述べる内容となりました。

§

ところで、僕自身デザイン出身のプログラマなので、デザイナーの皆さんに結びつく話を一番素直に書けるかと思っていましたが、今回そこに一番苦労しています。スライドの中でデザイナーさんに向けてコメントしていますが、見てもらうと分かるかと思いますが、あまり練れていないものになってしまいました。どうしてだろう…? …もちろん言いたかったことをまとめようと頑張りました。ただ、その中に、ある種の「これは伝わるだろう」という「自信」が、どうしても見出せなかったんです。実際の内容が、デザイナーさんの一般的な業務とは少し距離があったからかも知れません。いや、そうではないかも? …何かを誰かに伝えるというのは、時にとても難しいことになってしまいますね。まだまだ修行が必要でございます。 (^_^;A

でも、これは「人前で話したり伝えたりするのが難しい」ということではありません。

§

思えば、昨年参加させていただいた WordCamp 0saka 2012 での登壇で、ひとつハッキリと気付けたことがありました。「自分が感動したことは、簡単に人に伝えることができる」…これは本当に簡単! 感動は、それがどんなにありふれた内容でも、人に伝わります。その情報を知らない人には、自分が感じたのと同じような新しい感動が生まれると思いますし、またその情報を既に知っている人にも、感動したその気持ちが共有されます。それはとても簡単なことですし、それ以上に、自分自身も、そしてそれを聞いた人々も、何かしらまた心が動いて、得るものがあると思います。これは間違い無いはずです。

昨日の懇親会の LT で、株式会社プライムストラテジーのひょうきんな @jim0912 さんが話されてました。「行動しようぜ!」って。

良い言葉。でも同時に、僕に一番足りていなくて、耳に痛い言葉ー。

僕はホントのところすごい人見知りで、照れ屋で、…本当は人前で話すのなんてまったく得意ではありません。WordCamp Osaka 2012 でお話させて頂いた時には、本当はドキドキのバクバクで、実際のところ半ベソ状態だったのですが、でもそこには「話したい事」があった。そしてそれは僕が WordPress に「感動した」ことでした。結果、多くの人に発表やその発表のスライドを評価して頂けたのだと思っています。それで、気付いたんです…

感動したことは素直に人に伝えよう」って。

大曲さんの「行動しようぜ!」とはだいぶ角度が違いますが、結果的にこの気付きは、僕に幾らかの行動意欲を沸き起こさせてくれました。それは、毎月開催される WordPress の勉強会WordBench Kobe での LT に繋がります。

内容を見てもらうと分かると思うのですが、ただのプラグイン紹介で、ぜんぜん大した内容ではありません。しかも僕がその時初めて知って感動しただけで、WordPress のユーザーさんたちはみんな知ってるかも知れない内容です。でもぜんぜん怖く無かったし、喋りたかった。だって自分が感動したから!!  なのできっと聞いてくれたみなさんにも何か届いただろーなーと思ってます。

話がちょっと逸れましたが、人前で何かすることは決して難しいことではないです。もし、「自分なんて NG」とか、「こんなのみんな知ってることじゃないか?」とか不安に思うなら、……これは以前の僕が一番心配していたことですが……それはまったくの杞憂です! 感動したことならば、きっとみんなも感動してくれる筈。だから何かに感動したらどこかで誰かに話しましょー。映画を見て感動したら、誰かに伝えたくなるのと一緒です。感動したことを素直に話して…

それが伝わらないワケがない!!!

ですね!  (*’-‘*)

§

で、で、で、でも。そんなことを言いながらも、昨日の WordCamp Kobe 2013 でのセッションは僕の胃に少なからぬダメージを与えました (^_^;A。…だって、発表の時間のその直前までスライドを書いてたんですから!(…部屋の最前列に、知った顔の WordPress 界の大御所さまが座ってて、セッション中、時々ニヤリとされたように見えたのが僕の胃にダメージを与えたわけではないと思います。たぶん…きっと…)

まあ、最初に書いたように、今回はちょっと対象者の幅を欲張り過ぎた(=好きな事を話すだけよりは難しかった)ので、そういう心配はあったのですが、まぁ、言いたかったことは言えたかと思います。頑張りましたよー!

セッションの後、ツイッターで幾つか好意的なコメントを頂きました! 実は凹み易く浮き易いタチなので、とても嬉しかったです! コメントを頂いたみなさん、ありがとうございます! いや、やっぱり嬉しいなー。次また感動したことがあれば、それを伝えに戻って来ますね!

ということで、WordPress のコミュニティー「WordBench 神戸」の勉強会でお会いしましょう! 神戸っ子も、なにわっ子も、姫路っ子も、その他周辺諸国の皆さんも、全員ー集合ー!

次はどこかで「パーフェクトPHP」やらせてください!

(↑つまり僕も多くのモチベーションを得ました。ありがとう!)

§

最後にみなさんにお礼を。

今回も色々な人とお話する機会がありました。お話できた皆さん、ありがとう! みなさん素晴らしいですね! 「なんでも相談会」で相談に訪れていただいた皆さんも、ありがとう! 僕も楽しかったです!(相談会やってるうちに、いつの間にか胃痛も治まってました!) それから、実行委員の皆さん、本当にありがとう! 皆さんが作り上げた場所で、多くの価値が生み出された筈です。本当に素敵なことですねー! そして実行委員長、神戸のボス、セカンドバッグを持てない男、ブレない男、ブレンさん、ありがとう! 美人の皆さんありがとう! 可愛い皆さんありがとう!

皆さん、また遊んでください!

 

WordCamp Kobe 2013 に参加して改めて思ったこと。」への3件のフィードバック

  1. […] WordCamp Kobe 2013 に参加して改めて思ったこと。 | Foreignkey, Inc. […]

  2. […] WordCamp Kobe 2013 に参加して改めて思ったこと。 | Foreignkey, Inc. […]

  3. […] WordCamp Kobe 2013 に参加して改めて思ったこと。 | Foreignkey, Inc.[browser-shot width="500" url="http://foreignkey.toyao.net/archives/1123"%5D […]

コメントを残す